一級建築士在籍!埼玉の日本瓦職人 瓦の葺き替えと屋根の修理&雨漏りを直すプロ集団 地震・台風・竜巻・大雪などの震災復活工事請け負い

  • Home
  • 新建材ガルバリウム鋼板で屋根を葺く

鉄とアルミのイイとこ取り、ガルバリューム。
この金属を使って瓦そっくりな屋根を葺くことができる!

屋根の葺き替えを検討してくれてるお客さんの中にゃ、この名称を聞くことも多いでしょーな。
ガルバリウムとは鉄の耐久性とアルミのサビにくさ、軽さの、両方合わせ持つ屋根の新建材だわ。
軽いもんだから、今のボロい屋根を壊さずに上から二重張りすることだってできんだ。
いつもの瓦とはちっと違うが、金属屋根には金属の良さっつーもんがあってよ。
そんなガルバの特性をしっかり知った上で、やまざきが10年保証付きで葺き替えすっべ。

このページの目次

ガルバリウムという金属はなんぞいな?

ガルバリウム・・・なんだか聞き慣れない建材名と思うかも知れません。
実はこのガルバリウム鋼板という呼び方、金属素材の名称と思いきや、ポストイットやセロテープやなんかと一緒で、商標名がそのまま一般名称となってしまったパターンで、日鉄住金鋼板株式会社の製品名だったのが、一人歩きしたわけですが、登録商標でもあるので、ほんとのことを言うとやたらめったら使えないのが実情。

ガルバリウム鋼板® 亜鉛鉄板とアルミめっき鋼板の長所を合わせ持ったガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、米国のベスレヘムスチール社で開発されたアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板です。そのめっき組成は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%からなっています。アルミニウムの長期耐久性と耐熱性に、亜鉛のガルバニックアクション(犠牲防食作用)を合わせもつため、使用環境により、亜鉛鉄板(Z27)の約3~6倍の耐久性が期待できる優れた表面処理鋼板です。

優れた経済性と耐食性、耐熱・熱反射性と加工性に優れためっき鋼板

優れた長期耐久性
大気中に長時間さらされてもその美しさは衰えにくく、様々な環境や用途で亜鉛鉄板(Z27)とくらべても3~6倍の耐久性をもつことが確認されています。
特に、海岸地域や工業地域の厳しい環境の中でその特性をいかんなく発揮します。
地球にやさしい素材
R処理被膜はクロメートを一切含まない特殊被膜を付与したものです。
優れた耐熱性
ガルバリウム鋼板は、めっき成分重量比で55%、容積比で80%とアルミニウムの含有率が高いため、アルミめっき鋼板に近い優れた耐熱性を持っています。
このため、良好な熱反射性と合わせて、オーブントースター、炊飯器等に使用され優れた効果を発揮しています。
熱反射性が良好
ガルバリウム鋼板の表面は、反射率が大きいため、表面の温度上昇が少なく屋根に使用した場合、室内の温度上昇防止に大きな効果をあげ、屋根材として優れた効果を発揮しています。
表面は平滑で、美麗
表面は、銀白色に輝く独特の細かいスパングルを有するため、建築部材としても好評です。
亜鉛鉄板と同等の加工性と塗装性
ガルバリウム鋼板は、亜鉛鉄板と同等の成形加工が可能です。
又、後塗装も亜鉛鉄板と同様に行うことが可能です。
ガルバリウム瓦タイプ

まんず~最近は、このガルバリューム素材を使うのが、屋根リフォームのスタンダードにもなりつつあるわ。まず、業者からすっと、その加工性が魅力だに。シャーでびしーっと切れるしな、ハサミでももちろんOKだし、リフォームの救世主とも言えんな。屋根のカバー工法に応用されてからは、カバー工法はガルバってぐらいだわ。

その性能は随所で紹介されてはいるが、実は地球環境にもグッドなモノでよ、SDGs(持続可能な開発目標)ってのにもよ、貢献してる素材でもあんだぁ。

やまざき
やまざき

ガルバリウムという素材の特徴

それでは、このガルバリュームの素材自体の特徴を掘り下げてみましょう。

ガルバリウム成分表
  • アルミ・・・55%
  • 亜鉛・・・43.4%
  • シリコン・・・1.6%

※マグネシウムを配合したモノもあり

この成分表を見ると、なんとなーく軽そうなことがわかっかな?アルミが大半を占めている以上、軽さは最大のポイントとして開発したことがわかっぺな。

つまり、この金属を使って加工した屋根建材を、わしらが多く使うことでシェアっつーのが上がり、売れることで生産コストがぐんぐん下がる。それが、建材としてスタンダードを築く道なわけだ。まずは、新建材ってのは、わしらが扱いやすくないと、それがどれだけイイ素材でも普及はしないんだわな。

やまざき
やまざき

アルミニウム缶

アルミニウム

まず、一番配合率が高いアルミという素材の特徴です。 言わずと知れた「アルミニウム」という元素で成り立った元素記号は、中学生の時に習ったと思いますが、「AI」と記されます。 アルミは建材としては最強とも言われており、主に施工業社側のメリットが多い点が特徴と言えます。

軽い(鉄の1/3の比重)・強い(たわみ比率が鉄よりも優れている。)・錆びにくい・加工性が良い。こうした特徴を持っており、最後の電気を通しやすい、熱を伝えやすいというトコロを除けば、ほぼ建築建材として考えるメリットが豊富である。

シリコンブロック

シリコン

鉄、アルミ、銅に次いで4番目に消費量の多い金属であり、なぜ、この亜鉛をガルバリウムを形成する上で必要なのか? それは、メッキに使われているのです。
「亜鉛メッキ」などという言葉を耳にしたコトはないでしょうか?
鉄やアルミは、水と空気の中のイオンと結合し酸化するのだが、亜鉛の皮膜を作るコトにより、この錆の化学反応を抑えるコトができるのだ。 体に取り入れても、細胞の生まれ変わりなどに貢献する元素であり、変わりどころだと、UVローションなどにも利用されている。

亜鉛メッキネジ

亜鉛

正式名称をシリコケトンというが、略語でシリコンと言うようだ。無色透明、無臭、耐油性・耐酸化性・耐熱性が高く、それ自体は建材としては適さないが、撥水性や潤滑性も高いコトから、建材の表面に加工されたりしている。
また、ガルバリウムに配合するのは、その絶縁性も忘れていけない。アルミで通しやすくなった電気を、シリコンで抑制しているとも言える。

屋根にガルバを葺いた時のメリット・デメリット

ガルバ屋根

ガルバリウムの素材自体は、建築商材として優秀というコトが理解できたと思います。新建材というコトもあり、まだまだこれからの建材とも言えますが、では、実際に屋根材としてガルバを利用した場合のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

ただし、ここで言う長所短所は、既存屋根材の代替えとして使った際にどうか?という判断材料になり、あくまで、これまでの桟瓦やスレート、トタンなどの既存建材と比較した場合ということになります。

新築時にガルバリウム屋根を前提とした作りの場合には当てはまらない場合もありますので、ご了承下さい。

メリット

ガルバと瓦屋根

屋根が軽くなる

屋根素材として軽いに越したことはねーわな。日本瓦も、より薄く、より軽量にってのが理想。家の頭が軽ければ、そりゃ家自体が安定するわけだな。
やまざき
やまざき

錆

屋根が錆びにくい

家の中で一番最初に雨があたる場所が屋根だ。そこが錆びやすい素材の代名詞の金属を使っているわけだからさー、そりゃ錆びにくい素材の方がええに決まっとるわな。
やまざき
やまざき

ガルバの加工しやすさ

加工のしやすさは嬉しい

もちろん道具は使うことになるが、ふにゃふにゃしてて切りやすいだよ。密集市街地の屋根は複雑でかつ面積がちっこいんで、適してるだよ。
やまざき
やまざき
ガルバは安い

コストが安い

だって加工がしやすいわけだから、作業コストは下がるだに。あとは軽い屋根材に特徴のカバー工法が葺けるってんは、古い屋根材をぶっ壊して捨て賃もかからないわけだかんな。
やまざき
やまざき

ガルバはかっこいい

かっこいい

そりゃもちろん日本瓦が一番だがよ、その次ぐらいにカッコイイ屋根が葺けるな、こいつは。色形もさまざまだしな、洋風な住宅ならまず、こいつを推すわ、わしゃ。
やまざき
やまざき

デメリット

ガルバは暑い

夏、暑い

いろいろオススメはこいたが、すまね、ガルバ屋根は夏に暑いんだわ。さっきから言ってるとおり、ガルバはアルミがほとんどで、アルミの最大の特徴が熱伝導率がイイっつーことなんだわ。それはある意味、熱を家中に伝えてしまうということ。しっかりと熱対策せんとならんな。
やまざき
やまざき

ガルバは粘りがない

曲がりやすく戻らない

金属の最大の難点が、凹むってことだ。たとえばヒョウなんかが降ると表面に穴は開かないまでも、ぼこぼこと凹んじゃうわけだ。これは職人たちが変なところに乗っかってもぐにゃりと曲がっちゃうんで気をつけて作業せねばならんのだわ。
やまざき
やまざき

ガルバはコスト高

総工費は高くなる傾向

ありゃりゃ?コストが安くなるっつわなかったっか?そう、それはあくまでコスト。総額になると、つまり、屋根の一部をガルバで葺くわけには行かないので、全葺き替えになるのが常。だから、補修<葺き替え となることから、総工費はかかるだに。
やまざき
やまざき
みんなで投票
投票ありがとうございます。

ガルバリウム鋼板の屋根建材メーカー

ガルバリウム鋼板の屋根材として発売している製造メーカーは、多種多様。それぞれ特徴やコストも変わって来ますが、通常の仕入れルートで入れていては、かなり高価な材料であるコトは確かです。いかにコストを下げ、お客様のご負担を軽減するか?この材料選びは、その屋根の形や立地などにより、ある程度、我々職人に委ねて頂くのが望ましいかと思います。

その中でもポピュラーなメーカーをピックアップして商品紹介などをしてみたいと思います。

屋根リフォームとしてのガルバリウム葺き

屋根のリフォームの場合、ガルバ葺きには2つの方法があるだに。
スッキリ解体工法 と 上からカバー工法

我ながらおもしろいネーミングだべ?
もちろん、やまざきにしか通用しないネーミングだがよ、どっちもどっちのメリット・デメリットがあるでよ。
よっく理解して貰って、お好きな方を選んでもらえっとええだがよ。
スッキリ解体工法は、廃棄処分費が高い。上からカバー工法は、人によってはスッキリしない人もいるべ。
軽い材料だからこそ、選べる工法なんだわ。

スッキリ解体工法の流れ

既存のボロい屋根

今のお宅のボロい屋根だわ。
やまざき
やまざき

既存屋根

ボロい屋根の壊しと廃棄処分

既存屋根が日本瓦となるとまた話しはちっと変わって来るが、昔のアスベスト入りスレート材の場合だとすりゃよ、産廃代に1㎥(1m×1m×1mの体積)で今だと7万円~は取られるんじゃねーかな。さらにわしらの解体手間の加算となるだに。
やまざき
やまざき

屋根解体

スッキリ下地

既存屋根材がスッキリと取り外されてからの下地なので、とても健康な屋根になるわな。わしらも気分はイイ。
やまざき
やまざき

屋根下地

スッキリ下地

ほんでもって、ガルバリューム屋根材で葺けば、そりゃもうぴっかぴかの、すんばらしー屋根の出来上がりよ。
やまざき
やまざき

ガルバ葺き

上からカバー工法の流れ

既存屋根

既存のボロい屋根

今のお宅のボロい屋根だわ。
やまざき
やまざき

省略

解体も産廃処分もなし

既存屋根はぶっ壊さねーだよ。ボロい屋根を覆い隠すよーに葺く方法だ。
やまざき
やまざき

既存屋根の上からの下地

既存屋根の上からの下地

一見、キモチわりーと思うか知れんがよ、こんなんリフォームではあったりめーだわ。内装だって塗り壁の上からボード貼ってクロス貼ってるべ?それと考え方は一緒だわな。
やまざき
やまざき

ガルバ葺き

既存屋根の上からの下地

出来上がってみりゃ、どっちも同じやな。二重になるんで、むしろ暑さ対策や遮音になって意外と快適なんだに。長所短所あるんだがよ、総工費としては、当然、こっちのほーが安くなるだに。
やまざき
やまざき

やまざきのガルバ葺き実績

わしらやまざきがこれまでに手掛けて来たガルバ葺きした屋根の実績でも見てくんろ。既存屋根の素材もいろいろだし、壊れた屋根の状況も一軒一軒違うわけでよ、一概にはこのビフォーアフターが正解とも言えねーが、そのお客さんと納得行くまで話しあって、どの工法がイイか決めてんだ。
やまざき
やまざき

工事ケース001

既存カラーベスト

アスベスト入りカラーベストの雹被害による広範囲に割れが発生。廃棄費とてんびんにかけてカバー工法10%安が決定打となり施工。

工事ケース002

ボロいコロニアル
ガルバ葺き

ほぼ苔状態になっているコロニアル屋根を解体処分し、下地をやり直し、スッキリ解体工法にてガルバ屋根の葺き替えを施工完了。

工事ケース003

グラスウール
ガルバ葺き

トタン屋根を解体せず、上からグラスウール断熱材を入れ込み下地貼りをし、ガルバリュームを葺き、完了。

ここじゃ紹介しきれねーほどの実績があるがよ、どれもこれもひじょーに満足頂いてるだよ。色や形もさまざまで工事までに決めなきゃならんこともいっぱいあるんだがよ、やまざきはその工事実績数で、ある程度のリフォーム時のオススメ度合いを決めてんだぁ。下の表を参考にして貰うっつーと、なんとなーくイメージ掴めるんじゃねーかや。
やまざき
やまざき

ガルバ屋根リフォームの オススメ度 (屋根材別)

既存屋根

工法

おすすめ度

日本瓦

スッキリ解体工法

32%

上からカバー工法

施工NG

セメント瓦

スッキリ解体工法

92%

上からカバー工法

施工NG

スレート瓦コロニアル

スッキリ解体工法

68%

上からカバー工法

86%

トタン

スッキリ解体工法

46%

上からカバー工法

100%

トタンスレート波板

スッキリ解体工法

91%

上からカバー工法

22%

スチール工場屋根

スッキリ解体工法

31%

上からカバー工法

100%

やまざきのガルバ葺きを検討する!

ここまで紹介したとおり、一言でガルバ葺きと言っても、お客さんの既存屋根によって対応はさまざま。
わしらもちょっと質問されたぐれぇで、なにがええ!っなんて言えねーだよ。
実際に屋根を見て、お客さんの希望や予算聞いて、保険使うか?補助金を使うか?助成金の有無なんかも、
ぜーんぶ含めて、じっくり相談できりゃ~と思ってんだぁ。

屋根のガルバリウム葺きご依頼送信フォーム!

軽い錆びにくい工期が早い!のメリットがあるガルバリウム屋根葺きをご検討のお客様、まずは屋根点検をいかがでしょうか?
※屋根点検料(出張基本料15000円+交通経費)
下記の内容をご記載頂き、必ず修理したい箇所の画像を添付し、お申し込み下さい。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須連絡のつく電話番号
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須住所と番地
    必須詳細内容
    必須屋根画像or他社見積り
    ※10ファイル3MBまで

     スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    お電話でも

    048-833-4304