一級建築士在籍!埼玉の日本瓦職人 瓦の葺き替えと屋根の修理&雨漏りを直すプロ集団 地震・台風・竜巻・大雪などの震災復活工事請け負い

埼玉県桶川市棟積替え工事№5

やまざきブログ(日本瓦職人日誌)をご覧頂きありがとうございます。(旧ブログの内容も引っ越ししております)

やまざき瓦の職人が届ける、いつもは見ることもできない屋根の仕事を掻い摘んでご紹介して行きたいと思っています。屋根でこんな作業をしているのか!と驚くことばかりです。どうぞお楽しみに。

やまざき
やまざき

桶川市の棟積替え

熊本地震の被災地に、さらなる大雨の被害

やりきれないですね(-_-;)

いまだに余震が続く避難生活がどんなに大変なのか!?
想像を超えるご苦労があると思いますが、またしても水の被害です💦

関東は水不足と言われ、日本各地に平均的に雨を降らせて
くれれば、誰も困る人はいないのにナ_…

いつ同じ様な立場に立たされるか?誰にもわからない他人事に思わず、何かしらニュースから教訓として学べることもあるはずです

天災や地震国に住んでいる我々が、「自らを守る」という意識を高く持つことが大切か、思い知らされることばかりの出来事が多過ぎませんか?

さてさて、仕事の話になりますが….

今日は梅雨らしいどんよりした曇り空、時々雨がパラつく日です

棟積みも半分ぐらい終わったでしょうか…

セイガイの棟上げ、文の取付が終わりました (セイガイ:出し桁造りの事をセイガイと言うようですが、この場合  棟の造りを豪華に見せる為の工作の棟積み方法)

文の入った瓦は、もともとの物を使用しています
現在同じ物を作るとなれば大変な事は想像ができます

桶川市の棟積替え

この上に、さらに棟を積んでいきます

長さは10ⅿ超の棟、長く高く積まれる棟

立派はもちろん、見てて美しいです

桶川市の棟積替え

一段一段積まれる棟が誇らしく思えます

明日は雨かな?
梅雨時の為、ブルーシートを掛けて帰りますが、鉄筋の上の木材はブルーシートを被せた時に、破れない為に乗せているものです

これ以上、九州地方に大雨が降らないことを願うばかりです

職人のやまざき

職人のやまざき

やまざきの職人たちがつづる屋根の仕事を紹介する日本瓦職人日誌。さあ、今日はどんな作業が待っているかな。

やまざき瓦店の紹介

おら山﨑

埼玉の日本瓦職人プロフェッショナルチーム。

やまざきは、なんでもかんでもやる総合リフォーム会社とは違い、日本の屋根に特化した専門職人集団です。

50年あまりで培った瓦を葺く技術を若い世代に教えながら、伝統的な神社仏閣などに用いられる入母屋や鬼瓦などの装飾技術を駆使し、美しい日本の屋根美を伝えて行くのを心情としています。

瓦が葺ければ、その他新建材の屋根を葺くのは容易く、より難しい屋根の補修や葺き替え、大規模な瓦葺きなどを主体としています。

また、屋根修理にかかる費用の捻出方法として、日本商工会が毎年出す持続化補助金や事業再生補助金などの個人事業主用の支援策を代行申請。災害時には、火災保険を使った個人宅への支援策なども積極的に行っております。

まずは、一度、屋根の仕事についてご相談して頂ければ嬉しいです。

日誌カテゴリー

最新の日誌

出現キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA