一級建築士在籍!埼玉の日本瓦職人 瓦の葺き替えと屋根の修理&雨漏りを直すプロ集団 地震・台風・竜巻・大雪などの震災復活工事請け負い

さいたま市見沼区深作の葺替え工事:№2

やまざきブログ(日本瓦職人日誌)をご覧頂きありがとうございます。(旧ブログの内容も引っ越ししております)

やまざき瓦の職人が届ける、いつもは見ることもできない屋根の仕事を掻い摘んでご紹介して行きたいと思っています。屋根でこんな作業をしているのか!と驚くことばかりです。どうぞお楽しみに。

やまざき
やまざき

見沼区深作の葺替え工事

暑い!! (;´Д`A

屋根の上は40°超え—–グッタリ……

40分も屋根の上に上っているとクラクラ

小まめに休憩のため登ったり降りたり、水分も補給して

梅雨は明けてないし、台風も週中ごろには本土にと…

気になる天気です

この現場は見沼区深作、古いコロニアルは剥がさず、その上にガリバリウムの横暖ルーフを張る葺替え工事です

見沼区深作の葺替え工事

始めたのは6月の最終日
それからは雨続き、一向に工事がはかどらずいつ終わるかと
やきもきの工事のスタートでした

やっと工事の再開です
雨が上がれば上がったで、この暑さ(^_^;)

しかし、他の工事の予定もびっしり

暑い晴れ間でも、仕事を終わらせなくては…

見沼区深作の葺替え工事

以前のブログにも書きましたが、古いコロニアルにはアスベストが
含有されています

今回は、それらを撤去せずその上にカガリバリウム鋼板を張ります

アスベストの飛散性はなく、はがさなくても問題ないので、
そして、ガリバリウム自体が軽量・薄いので見た目も綺麗に
葺替えができます

何とか、先が見えて来たので、台風の雨になる前に
終わらせたいです

見沼区深作の葺替え工事

しかし、暑くなると「熱中症」のニュースが良く聞かれます

くれぐれも、家の中だから安心と思わず水分を充分補給し、
暑い最中は外出を控えるなど、自分で健康管理して下さい

もちろん、外で働く人はお互い声を掛け合い、体調を気遣って下さい

急な暑さに体が慣れず凹みますが、ここの工事が終わる頃には
暑さに慣れた体も強靭になると思います

職人のやまざき

職人のやまざき

やまざきの職人たちがつづる屋根の仕事を紹介する日本瓦職人日誌。さあ、今日はどんな作業が待っているかな。

やまざき瓦店の紹介

おら山﨑

埼玉の日本瓦職人プロフェッショナルチーム。

やまざきは、なんでもかんでもやる総合リフォーム会社とは違い、日本の屋根に特化した専門職人集団です。

50年あまりで培った瓦を葺く技術を若い世代に教えながら、伝統的な神社仏閣などに用いられる入母屋や鬼瓦などの装飾技術を駆使し、美しい日本の屋根美を伝えて行くのを心情としています。

瓦が葺ければ、その他新建材の屋根を葺くのは容易く、より難しい屋根の補修や葺き替え、大規模な瓦葺きなどを主体としています。

また、屋根修理にかかる費用の捻出方法として、日本商工会が毎年出す持続化補助金や事業再生補助金などの個人事業主用の支援策を代行申請。災害時には、火災保険を使った個人宅への支援策なども積極的に行っております。

まずは、一度、屋根の仕事についてご相談して頂ければ嬉しいです。

日誌カテゴリー

最新の日誌

出現キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA