一級建築士在籍!埼玉の日本瓦職人 瓦の葺き替えと屋根の修理&雨漏りを直すプロ集団 地震・台風・竜巻・大雪などの震災復活工事請け負い

葛飾区は、やまざき瓦店の出張工事エリアです。
東京都の東部に位置し、東は千葉県、北は埼玉県に接しています。区内には中央部に中川、東に江戸川、西に荒川が流れ、「川のある風景」が大きな特徴です。映画「男はつらいよ」や、漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台として有名で、下町情緒にあふれ、国内外から人気を集めています。一方、工業集積地域でもあり、特に小規模工場の数は都内でも上位を占めます。中でも玩具や文具など、生活に密着した製品の工場が大半を占めていることが特徴です。古代の葛飾は今の千葉県、埼玉県、茨城県まで及ぶ広大な地域を意味していました。鎌倉時代には葛西氏一族がこの地を治め、江戸時代では葛飾区周辺は天領に指定され、将軍の鷹狩り場として自然が残る未開発の地域でした。1869年に小菅県、1878年に東京府南葛飾郡に編入され、1932年、新宿・金町・水元・亀有・本田・南綾瀬・奥戸の7町村が合併して葛飾区が誕生しました。関東大震災では被災が少なく、都心部より移住者が急増しました。

ー 葛飾区の工事可能エリア ー
青戸・奥戸・お花茶屋・金町・金町浄水場・鎌倉・亀有・小菅・柴又・白鳥・新小岩・高砂・宝町・立石・新宿・西亀有・西新小岩・西水元・東金町・東新小岩・東立石・東堀切・東水元・東四つ木・細田・堀切・水元・水元公園・南水元・四つ木

北浦和の屋根

屋根日誌

トタンからガルバへ
カバー工法

屋根の葺き替え工事~in東京

冷たい雨と強風がおさまり、柔らかい日差しと 暖かい陽気が戻ってきました 今週から現場は東京の下町と言われる場所です 狭い住宅街の、しかも機械が掛けられない敷地の為全て人力でやる為、かなり体力も使うことになりました 日頃、

続きを見る

やまざき瓦店の紹介

おら山﨑

埼玉の日本瓦職人プロフェッショナルチーム。

やまざきは、なんでもかんでもやる総合リフォーム会社とは違い、日本の屋根に特化した専門職人集団です。

50年あまりで培った瓦を葺く技術を若い世代に教えながら、伝統的な神社仏閣などに用いられる入母屋や鬼瓦などの装飾技術を駆使し、美しい日本の屋根美を伝えて行くのを心情としています。

瓦が葺ければ、その他新建材の屋根を葺くのは容易く、より難しい屋根の補修や葺き替え、大規模な瓦葺きなどを主体としています。

また、屋根修理にかかる費用の捻出方法として、日本商工会が毎年出す持続化補助金や事業再生補助金などの個人事業主用の支援策を代行申請。災害時には、火災保険を使った個人宅への支援策なども積極的に行っております。

まずは、一度、屋根の仕事についてご相談して頂ければ嬉しいです。

日誌カテゴリー

最新の日誌

出現キーワード

その他の日誌