一級建築士在籍!埼玉の日本瓦職人 瓦の葺き替えと屋根の修理&雨漏りを直すプロ集団 地震・台風・竜巻・大雪などの震災復活工事請け負い

加須市は、やまざき瓦店の出張工事エリアです。
加須市(かぞし)は、面積が133.30平方キロメートル、都心から概ね50キロメートル圏内にあり、埼玉県の東北部に位置し、群馬県、栃木県及び茨城県に接しています。主要な道路は、東北自動車道と国道122号が南北方向に、国道125号と国道354号が東西方向に通っていて、東側が国道4号に近接しています。鉄道は、東武鉄道が通っていて東武伊勢崎線に「加須駅」と「花崎駅」、東武日光線に[新古河駅]と「柳生駅」があります。また、JR宇都宮線・東武日光線の「栗橋駅」に近接しています。

ー 加須市の工事可能エリア ー
阿佐間・愛宕・新井新田・阿良川・飯積・伊賀袋・今鉾・芋茎・牛重・内田ケ谷・生出・大桑・大越・大室・岡古井・小野袋・柏戸・上崎・上高柳・上種足・上樋遣川・上三俣・川口・騎西・北大桑・北小浜・北篠崎・北下新井・北辻・北平野・久下・串作・外記新田・鴻茎・琴寄・駒場・栄・佐波・志多見・下崎・下高柳・下種足・下樋遣川・下三俣・下谷・杓子木・正能・新川通・新利根・砂原・諏訪・外川・外田ケ谷・外野・大門町・多門寺・中央・常泉・東栄・道地・道目・戸川・戸崎・土手・戸室・豊野台・中種足・中ノ目・中樋遣川・中渡・西ノ谷・根古屋・旗井・鳩山町・花崎・花崎北・浜町・日出安・平永・富士見町・不動岡・船越・古川・細間・本郷・本町・間口・町屋新田・松永新田・水深・三俣・南大桑・南小浜・南篠崎・南町・向古河・麦倉・向川岸町・睦町・馬内・元町・柳生・弥兵衛・油井ケ島・陽光台・礼羽・割目

北浦和の屋根

屋根日誌

加須入母屋棟補修
加須市

埼玉県加須市棟積替え工事№3

3月15日 雪になるかと!? 予報では言ってたような… 雪にはならずとも、間違いなく冬並みの寒さです 手がかじかむ冷たさでも、相変わらず同じ作業を淡々とこなしています すべてを耐震工法で棟を積替えています。

続きを見る
加須入母屋棟補修
加須市

埼玉県加須市棟積替え工事№2

先月末からの加須市の作業現場 棟積替え工事はまだ続いています 太陽の日差しは確かに強くなってきました 肌に当たる風はまだまだ身が凍える冷たさです 同じ作業で、同じ屋根の上で季節の変わり目を感じてます 現在、化粧棟の積替え

続きを見る
加須入母屋棟補修
加須市

埼玉県加須市棟積替え工事

カレンダーは菜の花や桜の背景に変わりました 今月末には桜の便りが聞かれる季節になります 寒い寒いと言っても、季節の移り変わりは早いものです ここの現場の工事に入ったのは2月25日、完成を見る頃には桜の開花で賑わっている

続きを見る

やまざき瓦店の紹介

おら山﨑

埼玉の日本瓦職人プロフェッショナルチーム。

やまざきは、なんでもかんでもやる総合リフォーム会社とは違い、日本の屋根に特化した専門職人集団です。

50年あまりで培った瓦を葺く技術を若い世代に教えながら、伝統的な神社仏閣などに用いられる入母屋や鬼瓦などの装飾技術を駆使し、美しい日本の屋根美を伝えて行くのを心情としています。

瓦が葺ければ、その他新建材の屋根を葺くのは容易く、より難しい屋根の補修や葺き替え、大規模な瓦葺きなどを主体としています。

また、屋根修理にかかる費用の捻出方法として、日本商工会が毎年出す持続化補助金や事業再生補助金などの個人事業主用の支援策を代行申請。災害時には、火災保険を使った個人宅への支援策なども積極的に行っております。

まずは、一度、屋根の仕事についてご相談して頂ければ嬉しいです。

日誌カテゴリー

最新の日誌

出現キーワード

その他の日誌