瓦そばとは?

瓦そばというのを知っていますでしょうか?

屋根瓦をやっている以上、気になるお蕎麦料理であり、長いコト関東住みですが、なかなか馴染みが薄いですね。

実はあの人気ドラマ「逃げ恥」でも評判になった郷土そばです。

そんな瓦そばについて、今回は掘り下げてみたいと思います。

瓦そばとは

瓦そばとは単純明快、読んで字の如し、あの屋根瓦の上にそばをのせて、つけ汁で頂く料理です。

昭和30年代に山口県川棚温泉郷で、お客様をもてなす旅館料理として出されたのがきっかけとなり、川棚温泉の名物料理として、今もなお郷土料理として出されています。

もともとは、明治の時代に薩摩軍が、陶器である屋根瓦を食器代わりに使っていたというのをヒントにしたそうだが、それを現在でも残っているというコトは、ただの評判になるっていうだけのコトではないはずだ。

  • 瓦そば - wikipedia
    文字通り、熱した瓦の上に茶そばと具材を載せて、温かいめんつゆで食べる料理である。1877年(明治10年)の西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に川棚温泉で旅館を営む高瀬慎一が宿泊者向けの料理として開発したとされる。これが評判となり川棚温泉の他の旅館でも提供されるようになったことから「川棚温泉の名物料理」とされるようになり、さらには下関市を初め山口県内各地でもご当地グルメとして広まり、山口県出身者等により山口県外でも供される店が存在する。一部の料理店では瓦ではなくステーキ用の鉄板で供されることもある(この場合は「茶そば鉄板焼」と呼ばれることも多い)。山口県内では広く家庭でも食されており、家庭向けに蒸した茶そばとつゆのセットがスーパーマーケットなどで売られており、家庭でも調理されることもある(もちろん、家庭では瓦に載せて供されることは皆無であり、ホットプレートやフライパンが用いられる)。

瓦は陶器であり焼き物である。

1200度もの焼きを入れるコトで、その陶器は丈夫になり、その素材は、分子レベルで引き締まるのです。

屋根瓦である以上、酸性雨にも、風速40mの台風にも、塩害にもへこたれない脅威の耐久性を持っているのは言うまでもありません。

仮に鉄板を熱した時に、熱伝導率が高い鉄のほうがすぐに温まるのだが、そこにのせた食材はすぐに焦げ付き、食器として出す場合であっても表面だけ焼けている状態になってしまう。

かつ、冷めるのも早い。

瓦を熱した場合は、適切にできた内部の空気層により、遠赤外線効果が望め、じっくりと芯から食材を温め、食べ終わる最後の最後まで、しっかりと保温してくれるというメリットがある。

電気保温器具が無かった時代の、ホットプレートであったのだと思われる。

どんな食材であっても、その特徴を活かし、道具としての機能を果たし、直火にも耐えられ、ビジュアル要素も合わせ持つ、瓦食器、なかなか、こんな逸品はないのではないだろうか。

瓦食器

瓦食器

今現在、瓦そばを提供しているお店で本当の屋根瓦を使っているのは、少ないかも知れません。

それは、食品衛生上のコトもあり、ちゃんと食器として瓦の形を似せたモノが発売されているからというのがあります。

とは言え、瓦という焼き物陶器をガスで熱するわけなので、そんじょそこらの陶器では、長き営業に耐えられないであろう。

こだわりの瓦食器を作っているトコロは、しっかりと建築瓦とは違う手法を取り入れ、安全に、より食べやすい工夫などがされている。

お店でも、ちゃんと石州瓦などを使って提供しているトコロもあり、瓦の使い方が違えど、こんなに身近に瓦と接して頂くのは、なんとも嬉しいモノですね。

そんな丈夫で、口に入れて安全な、営業に耐えられる瓦食器を扱っているトコロをご紹介してみたいと思います。

瓦食器を手に入れる

  • 石州瓦の製造販売 亀谷窯業 瓦そばと直火用瓦食器
    国産土鍋用粘土を使用した直火に耐える瓦食器。出雲地域で採れる来待石、石見地域で採れる長石、天然石材からなる天然釉薬を使用し、焦げ付きを低減。食品、添加物等の規格基準を満たした安全な「加熱調理用器具」。
  • 瓦皿&【耐熱】瓦型陶板 | 業務用食器の総合プロデュース|株式会社 豊栄
    日本家屋には必要な日本の屋根瓦ですが、かつて瓦屋根の家屋が建ち並んでいた日本の風景を都心などで最近は見かけなくなってしまいました。近代的な住宅が多くなり、瓦屋根の日本建築の住宅の並ぶ風景は、日本らしさや日本情緒等を感じる存在です。その瓦を強度のある磁器と、耐熱陶器で作成してみました。
  • 楽天市場 瓦食器
    言わずと知れた通販巨大サイト。瓦を直火でかけるタイプもあれば、ご家庭で食器として使えるタイプまで多種多様な瓦食器が販売されています。
  • TSUKI 丸三安田瓦工業株式会社
    185年の歴史をもつ安田瓦の技術と特性を活かした自社ブランド「TSUKI」。デザインディレクターに梅野聡氏を迎え瓦の美しい表情と機能性を活かしたテーブルウェアをご堪能下さい。

みんなで投票!

瓦そば食べたコトありますか?

選択肢 投票
都心で食べたコトある 5  
山口県で食べました 13  
旅行先で食べました 1  
とても美味しかった 3  
イマイチでした 6  
ぜひ食べてみたい 8  
食べたコトないです 3  
興味ないっす 0  

投票ありがとうございました。

瓦そばレシピ

瓦蕎麦

では、瓦そばはどんな蕎麦なのか?

まず、瓦器を直火で熱しチンチンにしておく。
その上に、仮茹でした茶そばを、鉄板でジャーっと焼き、熱々のまま、瓦の上へのっける。

そばの上に錦糸卵を敷き詰め、さらにその上に、蕎麦では珍しい、しょうゆだれで煮込んだ牛肉をのせる。

ねぎ、レモンを添えて、温かいつけ汁に漬けて食べるのが元祖瓦そばレシピだ。

つまり、石焼焼きそばに近い料理だ。

瓦の盛り上がっている方に盛り付けるので、その盛り具合のビジュアルは、エンターテイメントな料理として、旅館の宿泊客などは、さぞ喜んだコトと思う。

瓦そばとは

都心周辺で瓦そばを食べる

食べたいなぁ~瓦そば
と思ってしまった方、たくさんおられると思います。
ただ、山口県まで行かないと食べられないのかと思いきや、最近は、ご当地の郷土料理を食べられるよう、その地その地の名産を食べられるお店が都心にも増えております。

そこで、電車で気軽に行ける都心で食べられる瓦そばのお店をピックアップしてみました。

瓦そばのまとめ

と、瓦そばについて掘り下げてみましたが、瓦屋として長年携わって来て、あまりにも、瓦自体のコトについて、ユーザーが認識不足というコトを感じています。

  • 重い
  • 古臭い
  • 高い
  • 割れる
  • 補修が効かない

などなど、瓦に持つイメージはこんな感じではないでしょうか?
まずは、瓦とは、どんな性質を持ち、どんなコトに優れ、どんなに耐久性があるのか?を、この郷土料理「瓦そば」は、ユーザーに対して認識を深めるタメに、ひじょーにイイアイテムかと思っています。

瓦の食器としてのメリットなどを上げてみましたが、もちろん、金属や樹脂、セラミックなど新素材に比べ劣る点もあるはずです。
ですが、昔の人が使ったのは、使った理由が必ずあるのです。

そんな瓦自体の魅力を、やまざき瓦店のやまざきが少しずつでも皆さんにお伝えできたらと思っています。
ぜひ、屋根瓦としても、瓦を信頼し、瓦工事を瓦屋でご依頼頂ければと思っております。

こんなページも読まれています

Tag: 屋根瓦 食器 瓦そば 石州瓦 屋根知りコラム

A:2677 T:1 Y:9